数学

線形代数~センター試験風~

なんとなく作ってみた,センター試験を真似たフォーマットの線形代数の問題.

もうすぐセンター試験も終わってしまうんだな,と思って.

線形代数.pdf

記事に数式を埋め込むよりもpdfとして差し込む方がキレイだと感じた.
最近のスマートフォンならその方が読み込みも速いだろうし,pdfを読めないことも少なくなっているだろうし.

これまでの内容も,pdfを並載しようかと真剣に悩んでいる.

逆行列の公式#1

n 次正方行列 P が正則であるとき,その逆行列をブロック分解した形で求める方法についてのメモ.手計算では役に立つことは無いだろうが,対象となる行列 P が対称行列であったりすると,応用の幅が広がる.確率統計,機械工学,制御系統のテキストには類似した公式が載っているようだ.なお,今回は
『Pattern Recognition and Machine Learning』(著) Christopher M. Bishop で見かけたものである.触れたことがある人には「PRML」という略称で通じるらしい.

続きを読む